書籍│ ここはばんこ焼のまち!
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

書籍│ ここはばんこ焼のまち!

¥1,650 税込

送料についてはこちら

江戸時代、桑名の豪商が窯をひらき、明治時代に四日市の地場産業として発展した萬古焼(ばんこやき)。国内シェア80%以上を誇る土鍋や、お茶をおいしく抽出する急須など、ふだんの食卓に登場しながらもどういったやきものか意識されていない三重ブランド・萬古焼の知られざる魅力をグラフィカルに紹介します。 著者│内田鋼一 判型│B5サイズ ページ数│143ページ 仕様│ソフトカバー 発行日│2018年 発行│月兎社